アクセスコンシャスネスのバーズとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスコンシャスネス®のバーズ®とは?
アクセスコンシャスネス®というセラピーの中のプロセス一つです。
アクセス・バーズ®と言われます。
アクセスコンシャスネス®には、バーズ、ボディ、SOPなど数多くのプロセスがあります。
accsessアクセスバーズ

アクセスコンシャスネス®のバーズは、創設者ギャリー・ダグラス氏が最初に行ったセラピーです。
頭部32のポイントに触れていく、とてもシンプルな手法のセラピーです。
とてもシンプルなセラピーでありながら、“最低でも最高のマッサージを受けた感じ最高で人生が変わる”と言われます。

外国では、高級スパや医療機関でも取り入れているところもあり、日本でもごく一部で医療機関でセラピーとして行っているところもあるようです。
もちろんアクセスコンシャスネス・バーズを含むアクセスコンシャスネス®は、医療行為ではありませんよ。
アクセスバーズ
老若男女どなたでもできるのもアクセス・バーズ®です。
コミュニケーションツールの一環として、ご家族で行う方もいらっしゃいます。
交互に行う事で、スキンシップに繋がるようで、子供と一緒に楽しむ方も。
子供が20分をアクセス・バーズ®をしたところ、2時間たって起きて「2時間やり続けてくれたの? 」と言ったそうです。

夫婦仲が良くなったと言う方も。
会話が無くても、ポイントに触れていくだけなので、スキンシップになり、その後良くなっていたと。


どこでも行えるのもアクセス・バーズ®の特徴の一つかと思います。
公園でも砂浜でもソファーでも行いたいとき気軽にできる。
一般的にセラピーと聞くとイルカセラピーとかといった動物と触れ合うような特殊なセラピー以外は、屋内の静かな場所で行うと思ってませんか?
アクセス・バーズ®は、施術が終わった後も、効果が続くこともあり、街の騒音とかがかえって良い効果をもたらすと言う不思議なセラピーでもあります。
公園と空
なので、アクセス・バーズ®セミナーを野外で行ったり、話し声が聞こえる場所で行う事もあります。
本当?と言われることがあるかもしれませんが、不思議な体験をされている方もいらっしゃいます。

かくゆう私も、その一人です。
アクセス・バーズ®を受けた後、帰り道騒音と思っていた街の音なのに温泉に入ったような“ほわっ”とした感覚でした。
そこから、ファンになって今では教えることが出来る資格まで取って教えるまでになりました。


アクセス・バーズ®を脳の断捨離と言われる方もいらっしゃいます。
思ったところよりも意外なところが断捨離されて、軽やかに生きられるようになったなんて方も。

アクセス・バーズの良いところは、想定外のところがチェンジすることもあること。
なにか人生に変化を起こしたい、でも、踏ん切りがつかない方にもオススメ。


>体験したい方に、おすすめ情報はこちら!<