アクセスコンシャスネス®ギフレシ会とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、東京板橋でアクセスコンシャスネス®ギフレシ会でした。
もう、1年近く月に一度行っているギフレシ会。(結構老舗です(笑))

昨日は、とても素敵な濃いギフレシ会となりました。
img_20161010_130609


では、アクセスコンシャスネス®ギフレシ会とは?
聴きなれない言葉ですよね。
まず、ギフレシ会のギフレシとは?
ギフト&レシーブの略。
直訳すると与えると受け取る。



参加者同士でお互いに自分が持っているアクセスコンシャスネス®プロセスを交互に行います。
どちらが行い続けて、どちらかが受け続けるという事は、基本ありません。
つまり、ギフレシ会とは、アクセスコンシャスネス®プロセスの練習会になります。



アクセスコンシャスネス®のプロセスには、バーズ・ボディ・フェイスリフト・SOPなど沢山の種類があります。
それぞれのセミナーでは、最低2回ほど実技を行います。
そのように学んだことを練習し合う場。



そして、通常略して「ギフレシ」とか「ギフレシ会」 なんて呼ばれています。
それがアクセスコンシャスネス®ギフレシ会です。



Q,どのような人が開催しているの?
A,アクセスコンシャスネス®のプロセス(バーズ・ボディ・フェイスリフト・SOPなど)のプラクティショナー以上資格を持っている人は、誰でも開くことが出来ます。
自身のフェイスブックやホームページやブログなどで告知しています。



Q,価格は?
A,数百円~数千円。
 場所代や思考を凝らしたイベントなどで主催者側のかかった経費などで価格は、変動します。



Q,どのような場所で開催しているの?
A,個人のセミナールームやレンタルサロンや地区センターや公園などいろいろなところで開催してます。



Q,アクセスコンシャスネス®プロセスを持っていないと参加できないの?
A,ギフレシ会の中には、まだプラクティショナーで無い人も参加できるものもあります。
 体験会又は体験有など記載されています。
 参加費は、2千円~4千円くらいプラクティショナーの人よりも多く払う場合が多いです。
 それでも、通常1時間6000円~30000円以上するプロセスを格安で体験できるので、お得です。

ギフレシ会は、全国いろいろな場所で行われています。


ちなみに、東京の北の地域で行われているギフレシ会は少なく、板橋区で定期的に開かれているギフレシ会は、ここだけです。
また、神奈川でもギフレシ会を行っています。
横浜市営地下鉄中川駅より徒歩2分のところでも、不定期ですが行っています。良かったら是非!