アクセス・バーズ®の不思議 ファシリテーターへの道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最初、アクセス・バーズ®を受けたとき、自分がアクセス・バーズ®ファシリテーターになるなんて思っていなかった。

初めて、アクセス・バーズ®を受けて”約束の場所30分前に行き着くのが当たり前から、5分前に”次の日から自然となった事に驚き。
何十年も変わらなかった習慣が一晩で変わっていた
何も覚悟をしていないのに。
色々な本を読み、座禅をしたり、ヨガをしたりして、自分の内面を変えようと思ったけど、出来なかった時間は、”いったい今までの苦労は何だったの?”
それが、一晩で変わるなんて。
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e6%99%82%e8%a8%88
そこから、アクセス・バーズ®を誰かにやってみたいと思ったら、日本人が教える人がいるから受けてみない?とお誘いを受けた。
二つ返事で参加を決めた。

そして、セミナーを終えたとき、アクセス・バーズ®ギフレシ会のお誘いを受けたが、いけなかった。
(今では、アクセス・ボディ®など色々なギフレシ会がありますが、その当時は、アクセス・バーズ®しかなかった)

その時始めて、気づいた事。
それは、自分が疲れていたこと。
今までだったら、必要とされたら、まず行ってしまっていた。
それを自分の体を優先したのだ。
とても考えられない事だった。(自分にとっては天地が逆さになってもできないと思っていた)

頭では行こうと思いながら、体が拒絶したのだ。
何度駅を変え乗換をしようと試みても、電車を下りたホームに戻ってきた。
それは、とても不思議な体験だった。
駅構内
こんな面白い事が体験できるなら、もう一回セミナーを受けたらどうなるんだろう?
そこで、最初にアクセス・バーズ®を受けた人から、受けることにしました。
そしたら、なんとその場所で一緒に受講された方から、「あなたからアクセスバーズを受けたい」と、言って頂いたのです。

それも、カードなどの世界では、一流の方から。
エンジェルカード
そこで、初めてファシリテーターを目指すことになりました。
すでに、ファシリテーターになったら受講者がいる。
そのうえ、セミナーを開く会場・日程も抑えてあって後は、ただ伺うだけ。

先に報酬がある形となりましたが、ファシリテーターになるために、3人目の方に受ける事にしました。
英語ができる方で独自の英語ツールを下さる方から、3人目を受けました。

おかげで、最初の1回から楽にセミナーを開くことが出来ました。感謝です。

最初は、アクセス・バーズ®の不思議な感覚に魅了されて、アクセス・バーズ®ができるようになったら、楽しいだろうな。
それが、楽しいから進んでいったら、教える側にいつの間にかなっていた。
その後も、遠方の沖縄から横浜でいつも開催しているちょっと変わった場所に来て頂いたり、不思議な縁が起こっていきました。
アクセスバーズ
アクセス・バーズ®は、”最低でも最高のマッサージを受けた感じ、最高で人生が変わる”と言われますが、本当に人生が変わると実感してきました。